サイエンスホーム静岡の家
不可能を可能にした真壁づくりの家

流行に流されず住めば住むほど味の出る、本来の日本の家を提供する為に、サイエンスホームは木をふんだんに使用し、木が持つ本来の力を十分発揮させる「真壁工法」を取り入れています。

昨今の調湿性能を持たない家は、日本の湿度の多い気候では必ず無理が出てきます。しかし真壁工法は古の工法で木造最古の法隆寺などにも採用されている工法です。

この工法は、梁や柱を隠さず露出させることで、蒸し暑い夏は湿度を吸い、乾燥する冬は吐き出してくれる調湿性能が高く、快適な生活空間へ調整をしてくれます。

この調湿は高気密高断熱の家では非常に重要なポイントになってきます。

Space
space space